撮影スタジオの撮影前にこれだけの準備を行えば良い写真が撮れます

2017年12月7日
投稿先 未分類

ここ数年で全国に個人でも利用することができる撮影スタジオが増えました。

レンタルした時間内であれば、誰にも邪魔されることなく好きに写真を撮影することができます。
無料で利用することができる撮影機材を揃えているフォトスタジオも多く、今まで使ったことがない撮影機材を利用してこれまでとまったく違った雰囲気の写真を撮ることもできます。

いつもと違うフォトスタジオでいつもと違う撮影機材を使って撮影したとしても、いきなり撮影技術がアップするわけではありません。
写真撮影の技術は1日で上達するものではありませんが、少しだけ知識を知ることで格段に上手に写真を撮ることができます。
また、写真撮影自体を楽しむことができるでしょう。

まず、写真を撮る前に、誰に見てもらうために撮影するのか、写真を見てもらった時にどう感じてもらいたいのか考えてみましょう。
これはコンセプト立案と呼ばれるものですが、広告写真を撮る場合必ず必要になる作業です。
このコンセプト立案を行うかどうかでかなり印象が違う写真に出来上がります。
広告写真を撮る場合は、これに打ち合わせやロケーションの選定などが加わります。
撮影スタジオをレンタルする前にコンセプト立案を行えば、初めて撮影スタジオを利用する方でもロケーションの選定がしやすくなるはずです。

その上で、人物であれば衣装選び、コレクションなどの物品であれば小物類などを選びます。
写真を撮るだけなのに面倒だと思われるかもしれませんが、撮影前にこれらのことを行うだけで写真のイメージがかなり変わります。
何よりやるべきことが明確になるため、撮影当日撮影スタジオで迷うことが少なくなることは確実です。
不思議なものでなんとなく良い写真を撮りたいと考えている時には、良い写真を撮るためのアイデアはなかなか出てきません。

誰に見せるための写真なのか、見てもらった時にどう感じてもらいたいかがハッキリしていれば、そのためのアイデアが次から次へと出てくるでしょう。
そのアイデアを実現するために、撮影スタジオにある撮影機材を存分に活用しましょう。
特に無料の撮影機材は物怖じなどせずどんどん活用すべきです。
写真の出来不出来は、撮影前のコンセプト立案で8割がた決まると言っても言い過ぎではありません。

せっかく撮影スタジオをレンタルするのですから、なんとなく良い写真が撮れればいいと出かけるのではなく、撮影スタジオに着く前にできるだけのことをしておきましょう。
そうすれば、かなり満足できる写真が撮れるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です